液晶構造ヒト型セラミドとは

液晶構造ヒト型セラミドとは

セラミドというと保湿力を得るために
保湿クリーム等に含まれる成分で
人の肌でも生成されているものと
されています。

 

このセラミドの保湿力については
最近では疑問が持たれているという話が
あります。

 

セラミドは外から肌に塗ってもなかなか
保湿力が高く出てくれなくて
グリセリンやワセリンの方が実際は
保湿力が高いというものです。

 

ティモティア保水バリアクリームについては
ワセリンも配合されていますが、
最大の特徴とされているのが
液晶構造ヒト型セラミドです。

 

通常のセラミドは溶けにくく、うまく
肌にも浸透しにくいという点があったのですが
液晶構造ヒト型セラミドを新たに開発することに
より、しっかりと肌に入っていく、
人の肌の原理により近づいたセラミドを
作りだすことができたのです。

 

保湿だけではなく、しっかりと肌を治して
くれるというような感想も出ているようですね。

 

液晶構造ヒト型セラミドは期待できる成分だと
考えます。

 

「液晶セラミド」配合ティモティア保水バリアクリーム